みんなの日記

自由に書いた日記を掲載するための個人的なブログです。

自分より凄い?または優れているとか有名な人に話しかける事は、決して間違ってはいない事

実はちょっと前に、とある有名漫画家さんにツイッターで意見したことがあるのですが、その方には誠意をもって答えてもらったので私的には満足でした。

しかし、その漫画家さんをリスペクト?しているのかそれとも、恐れ多いと思っているのかは分かりませんが、とりあえず遠くから見守っている様な一団の人にある日言われたのです。

あの漫画家の先生にナニ偉そうなこと意見してるの?と、言ってきたのです。

私は「はぁ?」と思いましたが、そのままスルーする事にしました。

多分この手の意見を言ってくる人とまともにやりあったとしても、有効的な意見を聞ける筈もなくただ人を非難する様な事しか帰って来ないからなのです。

有名な、自分より優れていて凄い人に話しかける行為が悪い?とか良くないと少しでも思っている人が、私に対して変な事を言ってきた人の様な思考を持っている事が多いので、出来れば長く話して居たくない人種ですね。

それに、何でそんなに有名な人を神格化しなければならないのか?とか、自分の立ち位置を下げる必要性がどこにあるのか?と言う疑問が先立つのです。

多分そういう思考を持ってしまう人は、自分に自信が無い人で、自信が無いから話しかけたり意見を言うことが出来ないのだろうと思うのですが、そんな感情を持たない私の様な人が現れると、自分を否定されたような気になってしまい、それで難癖付けてくるのだと考えられるのです。

今のご時世は、ツイッターなどのSNSで気軽に有名人な方に話しかけたりすることが出来ると思うので、機会があったら積極的にコンタクトを取る方が相手にも印象に残ったりして交流が深まると思うのです。

それなのに、話しかけるのはご法度?とか思っている人は、どれだけ自身が無いのか?と逆に質問攻めにしたい気分で満載になりますね。

と言う感じで、ツイッターで見かけた気に入っている作家さんや芸人さんは積極的にフォローして、時々はコメントを残したり意見を言ってみたりして交流するのがお勧めです。

ツイッター上で話してみたら意外と同郷だった!とか、同じ高校だった!?とか言う事も多いそうなので、実際に話してみないと分からない事もあったり意外な真実が判明して面白いと思うのです。

また、自分より凄いと思っている人に近づくと言う事は、その人の凄い所を見習ったり技を教えてもらえるチャンスにも恵まれる可能性もあるので、周囲のネガティブな意見に左右される事無く話しかけてみて欲しいと思います。