みんなの日記

自由に書いた日記を掲載するための個人的なブログです。

どうしても夏に太ってしまう人は、摂取カロリーをギリギリまで絞った方が良い

冬場はスリムなのに夏は太ってしまうと言う人が増えている様です。

それもその筈、冬は気温と体温の差が大きいので、その差を埋めようと身体では脂肪や食事で摂ったエネルギーをせっせと燃焼し続けていたりするので、それで体重が減ってしまったり現状維持のままでいられるのです。

所が夏は、気温と体温の差があまり無いので、人体は特に脂肪をせっせと燃焼したりしなくても良いので、とりあえず食べたご飯のカロリーを燃焼しようか?位になってしまうのです。

すると、夏になると高カロリーのスタミナ食をよく食べている人は特に、元から付いていた脂肪が燃焼されないうちから新しい脂肪を身体に付けてしまう様な状況になるので、夏に太ると言う状況に陥ってしまうと考えられるのです。

では、夏に太らない様にするには一体どうすれば良いのかと言うと、難しい事はありません。

ただ、食事の量を減らしたり回数を減らしたり、摂取カロリーをギリギリまで絞ったり、身体に付いた脂肪を燃焼する様な運動をしたら良いのです。

とりあえず食事をした!と言う結果を身体は求めている傾向なので、食べた!と言う実績があれば脳からは妙な行動に出る命令が身体に下されないと思われるので、カロリーが少ない食材を食べたりする事で、1日当たりの摂取カロリーを減す事で、新たな脂肪が身体に蓄積する事を防げるのです。

他にも、ダイエット方法では根強い人気の一食置き換えダイエットで飲むダイエットドリンクだけ〜と言う食事でも全然大丈夫なのが夏なので、暑くて食欲が減退している時期があると言う人は1日3食ドリンクにしても大丈夫かも知れないのですが、毎日3食置き換えではなくせめて一週間に1〜2日だけ置き換える様にしてみてください。

どうしても夏に太ってしまって、途中で新しい服が着られなくなってしまう様な状態になってしまう人は、太る原因の多くが太りやすい食事なので、毎日の食事では太りにくい食材を使ったメニューを食べる様にすると良さそうです。

あとはもう、酵素やダイエット成分のサプリメント、運動をしてみたりマッサージをしてみたり筋トレをしてみたりして、太りにくい身体づくりをして行って欲しいと思います。

そうして、夏が終わって冬に近づく頃には、この夏限定の低カロリーな食事などをスッパリ止めて、普通の食事に戻していくと良いでしょう。