みんなの日記

自由に書いた日記を掲載するための個人的なブログです。

夏バテでもなく〜熱中症でも無いのに身体がだるい?時は、夏風邪を疑った方が良い

この時期に一番多い症状は熱中症か夏バテだと思いますが、更にもう一つ増えている症状が夏風邪だと言われています。

夏風邪かな?と思うタイミングは、今日の気温が35℃とか猛暑日酷暑日になっているにもかかわらず、そんなに暑い気温だと感じない状態になっている事ですね。

熱っぽかったり症状で寒気がする事から、寒気と気温でプラスマイナスちょうどいい感じ?になっているのです。

冬場の風邪の時はがっつり寒くて熱も急激に上がってくるのですが、夏場の風邪は熱は程々ですがくしゃみや咳がしつこく出る様な症状です。

冷房が涼し過ぎる職場などに長時間い続けている人や、夜寝ている時にお腹を無意識に出して寝ている事が多いと言う人は、夏風邪にかかりやすいと思うので十分に注意してください。

ただ、時々熱中症や夏バテと勘違いしている人も多いので、熱中症だと勘違いして冷やしすぎたりスタミナ食を食べ過ぎたりしないで欲しいのです。

夏にかかる夏風邪の症状が出る人の多くが、お腹の中から風邪をひくタイプが多くて、ガツンとパンチの聞いたスタミナ食ばかり食べて疲れた内臓がさらに疲れてしまうので要注意なのです。

また、内臓が弱る系の風邪なので、お腹が痛くなったり緩くなったりする事もあるので、食事は消化に良いあまり冷たくないものを食べると良いでしょう。

暑いからと言って毎日冷たい料理や飲み物ばかり摂っていても風邪をひきやすくなるので、出来れば1日三食食べる食事のうち一食は温かいものを食べる様にして欲しいですね。

それと、夏風邪に気付かないでいる人の多くが、結構体に無理を利かせる様な仕事をしていたりしている人が多いそうなので、出来ればこまめに休憩をしたり疲れを誤魔化したりしない様にして欲しいのですが、当の本人にそれを言ってもそ知らぬふりをする可能性があるので、なかなかに難しい所かも知れませんね。

この夏風邪を早く治す方法は、とにかく睡眠する事かも知れません。

風邪をひくと薬を飲んでなくても眠くなる背景にあるのは、身体が休息を求めているからなのです。

どうしても眠いのを我慢して仕事に打ち込むのも良いですが、健康状態の良い時だけにして欲しいのです。

眠気を我慢して身体に無理をさせると風邪以外にも夏バテも併用してしまう様な状態に陥ってしまうので、無理はせず休憩をしながらやる事をやる様にしてみてください。