みんなの日記

自由に書いた日記を掲載するための個人的なブログです。

未だにサプリメントを否定する人は、かなり昔の思想を持っている人かも知れない

今や、ドコのコンビニに行っても基本的なサプリメントが買えたり、ドラッグストアやホームセンターに行くとズラーーーっと凄い数のサプリメントに出会えると思うのです。

サプリメントを1日一粒一種類以上飲んでいる人の数は年々増えていて、中には毎日10種類以上のサプリメントを飲んでいる人も居るそうです。

ただ、そんなにサプリメントに頼り過ぎていると普段の食生活がおかしくなってきそうな気がするので、出来ればいつもの食事をしていて更に何か栄養が足りていないかも知れない場合にサプリメントを飲む様にするのが理想なのです。

前に、アメリカでサプリメントだけを飲んで1年生活する〜と言う実験をしていた団体がありましたが、参加メンバーが1年間健康で居られたのか?と言うとそうでも無かった様です。

誰かしら何かの障害を発症した?と言われているので、サプリメントだけで人類は生きて行けないのだと思った記憶があります。

その障害と言うのが、モノを噛んで咀嚼して食べない事による顎の筋力の低下や虫歯の進行だったり、食べ物を消化しない事による腸の機能不全など、様々な問題が生じたと言われているのです。

なので、サプリメントだけあれば生活できる!と言ってサプリ生活を実践しない方が長生きできると思うので、絶対にやらない方が良さそうです。

結局、栄養補助食品と言う記載がされているように、普段の食事にプラスの栄養を補助するのが目的なので、サプリメントが主要な栄養になる事は無いのです。

ちょっと今日の食事ではビタミンが足りない気がする!と言う時にマルチビタミンサプリメントを飲むなど、飲むタイミングも毎日ではなくとも良いのです。

しかし、そうして毎日少しずつでもサプリメントを飲み続けていると、少しの量でもサプリメントに依存している状況になってしまうので、出来ればなるべくサプリメントに依存し続けない生活を心掛けて行って欲しいと思うのですが、なかなかその状態から脱するのは難しいかも知れません。

一人暮らしをしていたり、家族の帰宅時間がバラバラで食事も不規則になって行ったりしている人が増えているので、偏った食事の栄養バランスを取るためにサプリメントを飲むのが日常的になっている人は多いと思うので、そのままサプリメントにぞんして行ってしまうのでしょう。

でも、中にはサプリメントが無かったら改善しなかった症状があったり、食事で摂るのが難しい成分もあったりするので、上手く賢くサプリメントと付き合って行けば特に害も無いと考えられると思います。