みんなの日記

自由に書いた日記を掲載するための個人的なブログです。

ゴミ屋敷とコレクションのし過ぎは紙一重かも知れない事

時々、朝の情報系番組の特集で、ご近所で迷惑なゴミ屋敷特集〜と言うのが放映されている事があります。

ゴミ屋敷を作ってしまっている人の多くが、勿体無い信仰が過剰になってしまった人たちで、勿体無いから拾ってきてしまったり捨てられなくなってしまったり〜がエスカレートして、あの様なゴミ屋敷へと変貌していった様です。

つまり、ゴミをコレクションしているうちにいつの間にか置く場所が無くなってしまった?と言う事になるでしょうか。

次に例に挙げるのは、本の収集を好んでしているオタクの話です。

その人とは20年来の友人なんですが、とにかく漫画の本を収集する事に命を懸けている?様に見えるのです。

現在その人は、両親から相続したと言う一軒家に住んでいるのですが、家の間取りは4LDKあるそうです。

そのうち既に、2階の洋間と和室がもう漫画で埋め尽くされてしまって、入室困難な状況になっていましたね。

更に1階の納戸にも漫画が押し込められていたので、これは近いうちに1階の部屋も漫画で埋め尽くされてしまう可能性が高いな!と思ったのは言うまでもありません。

でも、どうしてこんなに漫画を収集してしまうのか聞いてみた所、昔は漫画を買っても本棚も溜める所も無くてすぐ古本屋に売ったり友達に上げたりしていたけれども、今は自分で自由にできる一軒家が手に入ったので、好きなだけ漫画を集めることが出来る〜と言うのです。

ただ、収集癖が加速し過ぎて読む速度よりも買ってきてしまう速度の方が早くなってきてしまったので、どこかで踏ん切りをつけて漫画を仕分けしたいとは思っている〜と言っているんですが、多分口だけで終わりそうです。

この様に、ゴミ屋敷と漫画収集屋敷との差は、ゴミなのか漫画なのか?位の差になっているので、収集している人を何とかしない限りは部屋がゴミや漫画で埋まってしまっていると言う状況を打破するのは難しそうです。

それに、ゴミは捨てる時にお金がかかりますが、漫画はまだ古本屋に売ったりまたは漫画喫茶を開くなどに活用できそうな点ではまだ漫画の収集の方がマシ?に見えるかも知れませんが、漫画に価値を感じない人から見たら両方ゴミだと思われても仕方がないレベルだとも思うので、紙一重と言うのが正しいかも知れませんね。

と言う感じで、人は何かしらを収集してしまう生き物ですが、過度に収集し過ぎるとその収集したモノの価値がゴミになる可能性があるので、収集は程々にした方が良さそうです。