みんなの日記

自由に書いた日記を掲載するための個人的なブログです。

仕事を転々と変えて来た人の方が重宝される時代になってきた話

昔は、一つの仕事を長く続けていられない人にかなり厳しい風当たりがあって、更に再就職先もなかなか見つからないとか、とにかく仕事を色々変える人は何か問題があるんじゃないか?と思われていた時代が長く続いたのです。

しかし近年は、むしろ色んな仕事の経験を持っている人の方が重宝される様になってきていて、転職サイトやハローワークなどの就職先を紹介してくれる所でも、今まで何をやって来たのか?どんなスキルを持っているのか?を重視して、今までの経験を生かしてもらえそうな仕事先を紹介してくれる様になっているのです。

なので、ある意味一つの業種だけで何十年も働いてきた人の方が不利になる事もあって、特に何十年やってても他の会社に転職するときには役に立たないスキルを身に付けてしまったり、スキルも何も身に付かないで何十年かを過ごしてしまう事もあるのです。

出来れば、スキルが育たないような会社に勤めていると感じている人は、将来転職を希望している場合はなるべく独学でもスキルを身に付けておいた方が良いのです。

パソコン操作一つでも、会社内だけで使っているソフトはその会社だけでしか使っていないので、たとえ使いこなせて社内ではスキルとして認められていたとしても、他の会社に行ったらスキルの無い無能扱いされる可能性も十分にあるのです。

世間一般的に使えると良いとされている、ワードやエクセルの基本的な操作だけでも出来る様になっておかないと、かなり厳しいと考えられるのです。

また、普通のサラリーマン的な仕事ではなく継続的にする系でもない特殊な業務の経験がある人も、最近は経験を重視される場合もあるので、何か面白そうだと思った仕事やバイトの経験は色々とあった方が将来身を助けるかも知れませんね。

最近は、新卒で入った会社を3年未満で止めてしまう社員が多くなっているそうですが、一つの会社で定年までを迎えるのも非常に大事な事なので、よっぽどの事が無い限りはその会社を辞めないでいて欲しいのです。

新卒入社から3年だと、後輩が少しずつづいて来て仕事の指導をする立場にもなろうか?と言う時期なので、出来れば色んな会社の上司の方々や経営者の人的には、残って会社を盛り上げていって欲しいと思っているのです。

それに、新卒で入った会社の給料が安い!と言って、入社して3年未満で別の会社に転職しようとしても、多くの人が最初に勤めた会社の給料よりも低い会社に勤める様になっているそうなので、高望みをして身の破滅を招いている事に気付いて欲しいものですね。

仕事を転々としてきた人が重宝される背景にあるのは、色々な仕事を経験してきたスキルの多さなのですが、同じ様なスキルを身に付けたいと思ってもなかなか同じようにはならないと思うので、誰かの真似をして転職をするのだけは止めた方が良いでしょう。