みんなの日記

自由に書いた日記を掲載するための個人的なブログです。

猫好きの人が良くやる、猫を吸う行為は危険では無いのか?

ウチには、一昨年川に落ちていた所を拾ってきて、そのまま飼う事になった猫がいます。

拾った頃はまだ生まれて間もなかったのか小さくて手のひらに載るほどだったんですが、今ではすっかり枕?に近しいサイズにまでなっているのです。

いつの間にか大きくなってしまった猫ですが、我が家の次男君が猫を毎日吸っているので、この行為は猫好きの人の間では普通な行為なのだろうか?と思っていたら、どうやら本当に普通な行為でした。

大抵の猫好きの人は、モフモフの猫のお腹に顔をうずめて猫のニオイをスーハー嗅ぐそうなんですが、それを1日1回以上しないと禁断症状でイライラする人も居るそうなので、ある意味タバコ?の様な役割を果たしているのかも知れません。

ただ、タバコよりは健康に害をもたらさないで済むと思うので、猫を吸って心が落ち着くのであればいつでも吸って良いと思うんですが、中には猫アレルギーを押して無理して猫を吸っている人も居るそうなので、その場合は危険では無いのか?とも考えるのです。

他のアレルギー症状の場合はアレルゲンとなっている成分や物質に触ったり食べたり飲んだりすると、アレルギー反応で発心が出たり痙攣したりする事もあるのです。

それが2度目以降に起きるとアナフィラキシーショックと言う状態になってしまうのですが、このショック状態が続くと命にもかかわるので、特に食物アレルギーを持っている人は、外食なども自由にすることが出来ないそうなのです。

しかし、猫アレルギーのアレルゲンは猫の身体に付着した猫の唾液が乾燥した成分だそうなので、猫アレルギーの人でも身体を撫でる程度までなら出来る人も居るので、猫アレルギーだからと言って過剰に反応しないでも良い様なのです。

そんな猫アレルギーを持った人が猫を吸う行為をしている所を何度か見ているのですが、吸っている時はとても幸せそうなんですが、吸い終わった後にしょっちゅうくしゃみをしているので、これは心の健康には良さそうだけど身体の健康には良くないのでは?と、毎回思っていますね。

とりあえず、猫アレルギーでは無い人は、猫の迷惑も考えて程々に猫を吸って欲しいですが、猫アレルギーなのに吸っている人は症状を改善させるなどの対処をしてから吸うようにして欲しいと思います。